2014年03月12日

吃音改善:自信をもって会話するために


自信をもって会話するために...


人間心理を学び、会話のテクニックの練習を行なっても、それ以前の段階でコンプレックスがあっては上手に会話できません。


そんなコンプレックスの代表が「吃音」でしょう。


吃音者の数は、日本人の100人に1人程度と推定されています。つまり、120万人規模の人が吃音で悩んでいるわけです。


吃音のようなコンプレックスは、「人にバレると恥ずかしい」と思う人が多く、そのため、とかく人付き合いに消極的になってしまいます。


同様な例に外人コンプレックスがあります。いくら英会話の練習を行なっても、外人コンプレックスが強いと、なかなか上達しません。外人と会話することに引っ込み思案になってしまうからです。


吃音も、ちょうど同じような感じです。もしも吃音に悩んでいて、かつ、会話も上手になりたいのであれば、まずは吃音のコンプレックスを解消しましょう。例えば、次のようなプログラムが効果的ですので、チェックしてみてください。



早坂式吃音(どもり)改善術


吃音以外にも、人との会話に消極的になるようなコンプレックスを抱えている場合は、まずそのコンプレックスを改善する方がよいでしょう。その後に会話術を学べば、上達が速いはずです。



posted by Adeona at 13:32| 会話一般 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。